遺品整理で残ったゴミを処分する際に注意したい事。

遺品整理でゴミの処分を業者に任せる場合は、業者の調査をしっかり行う事が大切です。

遺品整理のアドバイス

遺品整理で残ったゴミを処分する際に注意したい事。

遺品整理を行う際に、処分される物として真っ先に思い浮かぶのは、手帳や貯金通帳などだと思います。

故人の日記などは場合によっては必要となるので、1年ほどは保管される場合もあります。

その次に思い浮かぶ物として家財道具、衣類や家具、電化製品などですが、こういった物は、あらためて使うものから、使わないで処分してしまうものと二つに大別されるとおもいます。

それ以外のゴミに対しては特に躊躇なく処分する事ができますが、思い出の品として残しておきたい物からゴミなものまで色々ありますよね。

そのすべてを親類で処分する事は思いのほか大変なので、そういった場合には遺品整理を専門にしている業者に依頼する事が有るそうです。

ただ、一つ注意してほしいのが、この遺品整理を専業にしている業者にも悪徳業者と呼ばれる所があり、そういった悪徳業者の以外にあった人の相談件数が昨年だけでも200件以上の報告があります。

ちゃんと処分してくれる業者は良いのですが、ひどい場合ですと、山中に回収した遺品を違法投棄したり、遺品を運び出す直前に請求金額の何倍もの金額を請求したりする場合が有るので注意が必要です。

こういった悪徳業者を見分ける一つの手段として許認可の有無を調べたり、自治体や自治体の許可を持った一般廃棄物収集運搬の許可業であるかを調べる事が挙げられます。


Copyright (C) www.macheriecreations.com. All Rights Reserved.

遺品整理のアドバイス