遺品整理の際に処理の難しい物品について。

遺品整理の処理の際に、簡単に処理できるものと、そうでないものがある。簡単に処理できるものは貴重品等で、処理が難しい物は、衣類等です。

遺品整理のアドバイス

遺品整理の際に処理の難しい物品について。

故人の遺品を形見分けする際に、遺品整理と言うと借家や賃貸アパートなどの不動産関係の物品を思い浮かべる事が多いと思います。

実際にこうしたジャンルの物は、遺品整理をするときに遺族の問題を除き、特に問題になる事はありません。

問題となるのは処理に困るような遺品をどのように処分するかという事です。
⇒困った時は遺品整理ネクスト(http://www.ihin-next.com/ )へ

日記、手紙、手帳、貯金通帳などは、場合によっては必要となる場合もあるため、1年から2年の間は保管されます。

また家財道具、つまり衣類や家具、電化製品など財産の価値が高い物は取引先があるのでまだ良いのですが、場合によっては取引先のつかないような物品あるいは、財産としても処理を行う事が難しい物もある為、そういった物を専門に処分する業者もいます。

遺品の分類としては、金品や、通帳印鑑などの貴重品、写真や手紙などの故人の趣味の物の思い出の品、生活家電やたんすなどの家具類、冷蔵庫内の生鮮食品や保存食などがあります。

こういった、貴重品に分類される物は、特に何もしなくても取引先が出てきますし、冷蔵庫内の生鮮食品や保存食などは基本的には処分される為、こういった遺品整理の処理をする際に、混乱を招く事はありません。

厄介なのが、電化製品や衣類などに混じって、故人のヘソクリなどが混じっている場合です。

そういった場合に発見された物の所有権を主張する人が複数名いる事もあり、この場合遺品整理をする際に混乱を発生させています。


Copyright (C) www.macheriecreations.com. All Rights Reserved.

遺品整理のアドバイス